■ラグナシア

アクア ウィンド
このコースター、スペック的には何の変哲もないふつーのミニコースターなんですが、マニアさんも含めて乗った方の評価がやけに高いんです。そんな事前情報を元にちょいと期待を持ってのトライです。


このコースターがあるラグナシアはテーマパークであるからして、このコースターにも一応テーマがついてます。伝説の勇者「アクア」のなぞを解明に、遺跡発掘現場を激走!な、トロッコだそうな。外観も造形物があり、それらしい。たいしたもんでもないですがやっぱりあるに越したことはない。




入り口を入るとこんなキューライン。なかなか雰囲気出てます。でもこれといって何があるわけでもないのでここに長時間並ばされるのもつらいかも。




乗 り場も引き続きいい雰囲気。ライドは2人×2列乗りの1両編成。写真はゲートがひとつしか写っていませんが・・・うん、ひとつなの。一組ずつご案内して、乗車させて、ハーネスチェックして、送り出して、はい次の方、という感じ。そして「一組」は4人までならグループ毎に一組。すなわち一人乗車でも一人で一両独占です。だもんで乗車回転率はとっても悪いです。


ちなみにライドはよく見ると新しいバージョンとぼろぼろで穴があいちゃってる(もちろん演出で)バージョンがあり、どちらになるかは乗車順によりお楽しみです。上の写真はぼろぼろバージョン。乗り味が変わるわけではないけど。ハーネスはシンプルな腰ハーネスで一席ずつ独立。シートベルトもありますがナイロン製で、ベルトを噛み込ませるタイプのバックルがついた、コースターのベルトとしては珍しいやつ。無段階に締め具合調節できるし特に文句はないです。




スタートするとすぐに屋外に出て巻き上げ、旋回しながらのファーストドロップ。


そのまま旋回しながら上昇し、しばらくとマッドマウス的なカントのない急カーブの連続。富士急のマッドマウスほどではないですがそこそこの横Gが味わえます。ミストでちょっぴり濡れる演出も。


そ して下り水平ループ。小半径かつ落差が急で、上からの見た目は、なかなかのわくわく感。下りきったところで屋内に突入と同時に切り替えして屋内で逆回り上り水平ループ。この切り替えしのとこ、このコースターで最も楽しいと思う。ぎゅんって感じでテンポがよく、屋内突入の効果も手伝って唯一、おっ!ってテンションあがった。




再度屋外に出るとこんなバンクカーブ。真横になっちゃう。地面に近いってとこも魅力。




んでもって最後にホップ。一応浮くけどちと薄いかな


初回乗ったときの感想は正直なところ、「あり?こんなもん?」でした。どうも事前に聞いていた評判の良さからミニコースターということを忘 れて過度な期待 をしてし まったみたい。軽いショックを受けつつも、落ち着いてミニコースターだということを認識しつつ乗り重ねていくと、なるほどよくまとまったコースターです。旋回しながらのファーストドロップ、小半径の水平ループ、真横なバンクカーブなど魅力的なエレメントがちりばめられており、乗り心地も悪くない、少なくとも国内のミニコースターでは一番の出来ではないだろうか。でも見た目は魅力的なエレメントも実際乗ってみるとそれほどのインパクトはなかったり。まあなんていうか結局のところミニースターはミニコースターであってミニコースターなわけですよ。ぜひ過度な期待はせずお試しください。


Home