■ナガシマスパーランド

スチールドラゴン2000
ほいほい、2000年8月現在世界一のコースターです。 とりあえず高いわ。スペースショットも観覧車もみーんな下に見えるもん。 そっから68度で落としてくれちゃうんだから楽しくないわけがないでしょ!もぅ! まだ落ちんのー?!ってな感じですわよ。風圧も半端じゃない。 下から試運転を見た第一印象では 後半の小刻みなキャメルバックの所が、 みょーに速度が遅く見えて あんなんで意味あるんかいな?と思いましたが、とんでもねーです。 一度軽く減速して油断させた所をぽんっと落として、あとは浮き浮きの連続。 こーりゃたーのしー。存分に無重力が味わえます。 残念なのがシートベルトがきついこと。 ドロップではせっかく豪快に浮いてくれるのにベルトにひっかかって制限されちゃう。 バネでぴったり引っ張られてそこで固定されちゃうタイプだから、 ぴっちりきっちりになっちゃうのよねー。 もうちょっとなんとかしたいなー。だめ?(笑)>ナガシマさん。
世界一と聞くとやっぱFUJIYAMAとくらべたくなりますが、 FUJIYAMAはがんがん振り回してくれる所があるのに対して こっちは純粋にスピードを楽しもうって感じかな。 ゆったりしたコースで、無理に急激なカーブに突入したりすることはありません。 きわめて爽快、快適、あー気持ちいい。
ホワイトサイクロン
やー、やっぱ木製はいいね。 なんか振動が他にくらべて激しいような? スチールドラゴンの後に乗ったから余計に感じただけかも。 あたまがくらくらするほどの振動が味わえます。 大好きな組み木の中に突入なとこも随所にあっていい感じです。 でも組み木の中を疾走する感じはやっぱホワイトキャニオンの方が上に感じましたがどんなもんでしょう。
シュート・ザ・シュート
グレートザブーンと同タイプの水にじゃっぱーんなやつ。 高さも同じみたいだし、まったく変わらんでしょ。 違った事といえばドロップポイントの上の水浴び橋が グレートザブーンはドロップポイントの真正面の一番水が飛んでくる所はガラス張りでガードされてて、 ガラスの前の通路も立ち入り禁止になってるけど、これの真正面はフルオープン。 思う存分水浴びしてくださいな。
ルーピングスター
狭い所をぐにょぐにょ系のコースターで垂直ループも配置されてます。 運良く一番後ろ席に乗れたんだけど、 ファーストドロップが曲がりながら落下するタイプで、 一番後ろだと結構な横Gがかかって、見た目でなめてただけにちょっとびっくり。 あとファーストドロップの時右側すぐそばにレールがあってぶつかっちゃいそうそうなのがないす。 おもわず体がよけちゃいました。 最後の方の(最後かな?)地面すれすれのターンではこれまた植木がすれすれにあってぶつかりそう。 いーね、こういうの。
コークスクリュー
ぐりんぐりんと2回転の普通のコークスクリューコースターです。 新鮮だったのが、最初登坂してからファーストドロップまでのカーブにバンクがついてたこと。 だからどーしたっていわれりゃーどうもしないんだけど、めずらしくない?
ジェットコースター
ベタな名前だねー(笑)。 何度かぬるーいドロップがあるだけであとはトロトロと木々の間を走ってるだけ。 途中池の上の橋を走ってみたりして。 まぁ、ファミリー向けでしょう。
ダブルワイルドマウス
マッドマウスタイプのやつ。 ダブルっつーのはなにがダブルかって言うと、 左右対称に2つのコースがあって選んで乗れます。 左右対称なだけでコースは一緒みたい。 富士急のやつにくらべて横Gはぬるそうだけど、高さが高く感じました。 ライドは4人乗りなんだけど前だとかなり開放感があるから、 飛び出しちゃいそうな不安感満載。
ウルトラツイスター
後楽園ゆうえんちのリニアゲイルの場所にその昔ありましたね。 昔は後楽園の顔だったけど今や関東じゃ乗れないですかね。たぶん。 こりゃなつかしーってことで乗ってみました。 やっぱあのほぼ垂直なドロップはいいね。 垂直な登坂も不安感をあおってくれてわっくわく。 乗り心地無視のめちゃくちゃ急なブレーキングもなんだかなつかしい気分。
フリスビー
こりゃちょっと変ってるな。初めて乗ったもんだからレビュー書いとこう。 ちょうどバイキングと同じ動きをする棒の先に円形のライドがついてて 内側を向いて輪になって座ります。 んでもってバイキングの動きと同時にライド自体もぐりんぐりんと不規則に回ってくれます。 回りながら揺られて上になったり下になったり。結構楽しいかも。

Home